ホーム » ニキビ » 大人ニキビの原因と治し方は?

大人ニキビの原因と治し方は?

大人ニキビは、大人になってからできてしまうニキビの事ですが、20代前半にできるニキビには、まだ大人ニキビとは呼べず、
20代中盤を超えたあたりからできてしまうニキビの事を大人ニキビと区別しています。

大人になってからできてしまったニキビは、思春期のニキビと違い、一部分に大量にできてしまう人は少なく、

顔のTゾーンや頬、顎やフェイスラインなどにできてしまうことが多い

ニキビは出来てしまう場所によって、体の不調がわかるとも言われていますから、
なぜニキビができてしまっているのかを見極め、適切な処置を行うようにしましょう。

大抵の場合、大人になってからできてしまうニキビは、原因を取り除けば改善することが多いとされていますが、
その原因を探ることが非常に難しく、

なぜニキビができてしまっているのかわからない!!

 

 

 

 

 

 

 

という悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

皮膚科などに通院をすれば、比較的すぐにニキビを改善することが可能なのですが、薬がなくなってしまうと、
すぐにニキビが再発してしまう人も多く、ニキビができてしまう根本的な原因を排除しないと、大
人ニキビを改善することはなかなか難しいとされています。

水場や温浴施設に出かけるときや、結婚式でドレスを着る時など、すぐにでもニキビを改善したい場合には、
病院へ通うこともお勧めしますが、ニキビ肌を改善したいのであれば、化粧品や栄養素の補給など、ニ
キビの原因を探ることがニキビ消し再発させない肌作りのためには、一番良い方法であると言えるでしょう。

 

大人ニキビはホルモンバランスの乱れ

大人ニキビができてしまう原因の中で一番多いとされているのが、ホルモンバランスの乱れです。

女性の場合、女性ホルモンが減少、男性ホルモンが多くなることで、皮脂の分泌が多なる。

男性の場合、ストレスや生活習慣。

その結果ニキビができてしまうという人が多いとされています。

男性だけではなく女性も、ストレスなどにより、肌の代謝が悪くなってしまっていることで、
毛穴の中に古い角質や、老廃物が溜まり、ニキビができてしまう人もいます。

生活習慣が乱れている人の場合にも、肌を再生する時間が少なく、ニキビができやすくなってしまいますし、
油分の多い食事の摂取により、皮脂が過剰に分泌してしまい、ニキビができてしまう人もいます。

その他には、汗の刺激により、ニキビができてしまう人もいますし、洗顔料や、シャンプー、リンスなど
肌に残ってしまっていることでニキビができてしまっている人もいます。

中には、ファンデーションをつける時に使うパフが汚れており、古い角質や皮脂をファンデーションと一緒に
肌に塗りつけてしまっていることで、ニキビができてしまっている人もいます。

大人ニキビを改善するためには、上記の原因を1つずつつぶしていかなければいけません。

原因が1つではない可能性もありますから、ひとつひとつ原因排除を行い、継続することが大切です。

大人ニキビを改善させるためには、毛穴に溜まっている老廃物や皮脂を全て取り除き、
綺麗な肌に生まれ変わるまで時間がかかりますから、数か月間かけてニキビ肌を改善していくイメージを持ち、
すぐに効果がでないからといって諦めてはいけません。